伝説の『帆布ランドセル』との出会い

伝説のランドセル

『帆布ランドセル』を初めて目にしたのは、2004年のことでした。
偶然、福山のカバン店で、この古いランドセルを発見。 店主の津川氏によると、約30年前、尾道の長江中学の男子学生用として作られたもので、 毎年、入学シーズンにあわせて、年末から作りはじめ、その年も 何個か出来上がっていたのですが、突如、採用が中止となったそうです。以来、約30年間、倉庫に眠っていたのがこの『帆布ランドセル』(写真)なのです。

2006年、30年振りに『帆布ランドセル』復刻版を発表

復刻版の特徴

伝説のランドセル

・リュックベルト交換方式による
「大人のランドセル」
・色展開

課題と仕様変更

児童が天候に関係なく、ほぼ毎日使用、という状況の中、特に耐久性の点で課題が判明。
毎年のように課題解決のため仕様変更を繰り返し、耐久性の向上とより背負いやすいデザインに変更。
(写真左:2006年モデル)

2012年モデル

伝説のランドセル

バリエーション

[主な仕様変更点]

・リュックベルト
・背板
・フラップの芯素材

2013年夏、次世代帆布ランドセル『ランザック』(ransack) を発表

2013モデル

カラーバリエーション

天然素材である帆布の『丈夫さ』と『柔かさ』を活かし、 箱型ランドセルの堅牢な収納力に、リュックの機能性を加えたデザイン

ランザックの特徴

・約1,050gと軽量で身体の負担を軽減
・反射鋲など安全性に配慮した仕様
・雨よけフラップなど機能的
・背負ベルト交換など長期に使える仕様
・天然素材ほぼ100%使用。身体にも地球にも『優しい』鞄

 

○サイズ
[内寸]
縦320x横225x135mm
[重さ]1,200g前後

○カラーバリエーション
生成、赤、からし、緑、紺、黒、 カーキ、キャメル、茶色 、水色

○価格
¥38,000+税
※オプション別途

サイズ